スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国の「ごり押し」と、日本の「反撃」

 韓流に携わっている日本の芸能関係者と幾人か話をしたのですが、今回の竹島・独島問題に関して、彼ら彼女らの多くの意見は「韓国のごり押しは酷い」というものでした。これはもちろん、わたしが聞いた範囲でのことですが。

 韓流人気の急上昇である程度儲かっている関係者の口から、こういった言葉が出てくることには理由もあるようです。それは、竹島・独島問題におけると同じように、日韓のビジネス上においても、次から次へと要求を出してくる、それも強引に、という経験があるからだということです。

 韓国では、とりあえず言ってみるというところがあるのかもしれませんが、日本側の関係者はそれに辟易していたところがある、というわけなんですね。また、最初は安く、低姿勢だった韓国側の姿勢が、人気の急上昇に連れて、値段も態度も高く、大きくなったことも背景にはあるようです。

 そして、韓国の人気グループ、スーパージュニア・シゥオンの「独島は韓国の領土」ツイ発言ですが、日本の新聞、雑誌もいくつか取り上げていますね。日本のファンの間でも動揺が少なからず見られるようで、おそらくですが、所属事務所であるSMエンタテイメントやエイべックスは、今後の対応に苦慮しているのかもしれませんね。

 李明博大統領は、瞬間的にはともかく、日韓の歴史的には、極めて大きな汚点を残した政治家として、記憶に刻まれることになるでしょう。領土問題とは、双方に言い分があるものであり、一方だけの主張をごり押ししてしまえば、必ずや衝突するもの。そのことで生じるリスクをいったいどう考えているのかと思いますね。

 韓流ファンの間でも動揺が走ったこの竹島・独島問題。お腹の中のナショナリズムとはよくいったものです。日本側の反撃次第では、さらなるマイナス効果が発生しそうで、かといって韓国のごり押しを座視することもできないでしょうし、まったく、暗澹たる思いがするばかりです。

 ただ、起こるべくして起こった問題でもあります。日韓の間に既に胚胎されていたことが、噴出しただけとも言えるわけで、どうやって今の事態を乗り越えていくのか、そういったリカバリー力が、双方に問われているとも、わたしは考えるところでもありますね。

スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【韓国の「ごり押し」と】

 韓流に携わっている日本の芸能関係者と幾人か話をしたのですが、今回の竹島・独島問題に関して、彼ら彼

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

小野登志郎

Author:小野登志郎
職業 ノンフィクション・ライター。ハードボイルドに疲れてきた三十路後半男。枯れていくばかりの人生を楽しむことにします。

◆お願い 
 このブログの記事は、転載フリーではありません。
 転載希望の場合は、必ず連絡して許可を得てからにするか、リンク先を明記して下さいね。
 

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
お問い合わせ先
お仕事のご依頼、情報の持ち込み、その他お問い合わせ、基本的に何でも歓迎します。下記メアドまで。onotoshirou@yahoo.co.jp

名前:
メール:
件名:
本文:

メルマガ発行中
RSSフィード
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。