スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライターの原点に戻ったような気分。

 有料メルマガを発行し始めて二カ月が経ち、ラッキー7号まで出すことができました。「ホントに週刊で出せるのか?」と周囲からは危ぶまれましたが、なんとかかんとかやっている最中でありますね。

 登録者数はまだまだ少ないのですが、毎週真剣に配信しています。キツいこともあるのですが、それがまた、意外に楽しいのです。

 従来型の雑誌や書籍などといった媒体を介さず、直接的に読者の方と接していることがダイレクトに伝わるからでしょう。なかなかの緊張感もあります。下手なことを書けば、すぐに読者数は減ってしまう。それは、やはり怖い。

 また、ある意味、今までわたしが書いてきた雑誌の編集長の気持ちを分かっていなかったな、とも思う訳ですね。ライターと編集者は仕事が違うわけですが、しかし、編集者の気持ちを分かることもライターとしてはとても重要なことだと改めて思いいたることにもなりました。
 
 ネットでメルマガを配信することによって、従来型の紙のメディアを考えることにも繋がっています。やはり紙メディアの編集者の世界は、奥が深い。
 
 ライターを始めて十年以上が経ちましたが、今は原点に立ち返ったような気持ちでいます。やっぱり読者あってのライター業だなと。

 今は有料と無料のせめぎ合いがなされている真っ最中です。電子書籍は一冊85円が相当となり、今後これが適正価格として認知されていくことでしょう。

 85円とは、約1ドルですね。一冊一ドル時代の到来です。昔聞いたことがある「百円本」みたいですね。

 はっきり申し上げて、安かろう悪かろうの世界に入っていることは間違いありません。情報発信元は、そんな中でいったいどうするのか。

 伝えたいことと、知りたいことの相克と共に、新しい段階に入ったライターの世界を、原点に立ち戻りながら、一歩一歩進んでいきたいと思っています。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

小野登志郎

Author:小野登志郎
職業 ノンフィクション・ライター。ハードボイルドに疲れてきた三十路後半男。枯れていくばかりの人生を楽しむことにします。

◆お願い 
 このブログの記事は、転載フリーではありません。
 転載希望の場合は、必ず連絡して許可を得てからにするか、リンク先を明記して下さいね。
 

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
お問い合わせ先
お仕事のご依頼、情報の持ち込み、その他お問い合わせ、基本的に何でも歓迎します。下記メアドまで。onotoshirou@yahoo.co.jp

名前:
メール:
件名:
本文:

メルマガ発行中
RSSフィード
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。