スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長い長い、日韓の裁判。

 裁判はやはり長い。決着はいつ付くのだろうかと思う。

 東方神起を脱退したJYJをめぐる日本と韓国の裁判は、もうすぐ判決が出る「ハズ」だ。裁判での判決を長引かせようとしているフシも見え隠れするが、いつの日か、いずれは結審するはずだ。

 そして、竹島(独島)をめぐる日本と韓国の領有権の争いを考える。民主党政権は、竹島問題を国際司法裁判所(ICJ)へ提訴する方針を検討し始めたという。とても良いやり方だと思う。

 そういうやり方を、日本の一部タカ派は「弱腰だ、生ぬるい!」と批判する。国際司法裁判所の実効性を疑い、そもそも韓国側がこのテーブルに付かなければ裁判すら始まらないではないかとコキおろす。

 李明博大統領は、自分の人気復活のため自国のナショナリズムを利用した。政治工作に自国のナショナリズムを鼓吹する政治家は、「最大の悪党」もしくは「悪党が最後に行く着くところ」だと、わたしは思う。

 では日本側はどうか。自分の人気取りのために、隣国に対しむやみやたらと悪口雑言を投げつけている政治家はいないのか。いますね。

 二国間の争いを、国際的な法の下の秩序で解決する。まだまだその実効性は薄いのかもしれないが、戦争ではない解決策を提示する国際司法裁判所の存在を、小さく見るだけでは未来が無い。小さいならば、今後もっと大きくしていく努力をしていくべきだろう。実際に、そうやってコツコツとその実体を高めてきたのが、国際司法裁判所というものだ。

「裁判の結果が全てではない」というのは、残念ながら真実だろう。法律には限界があり、常に現実に生起する事案を後から追いかけているのが、法律だからだ。

 だけれども、法律を軽視することはまさに思考停止であり、それこそ「矛盾」と「不条理」をもたらすことになりかねない。戦争である。

 先日、日本と中国のジャーナリストたちが集まる会合を開いた。彼ら彼女らの口からは「小規模ながら、日中の間で戦闘行為が発生する可能性が高まっている」という言葉が漏れた。こちらは尖閣諸島の方だ。中には「日本と中国は、一度戦わなければならない」と言う中国のジャーナリストもいた。

 一度もなにも、過去に充分戦い尽くしたではないかと思っていたら、「戦闘になれば、中国軍など鎧袖一触だろう」とは日本のあるジャーナリストの言葉。それに「通常戦力ならば」と、わたしは付け足した。
  
 領土問題は熱くなる。国家主権という魔物がそのエネルギーを存分に発揮し、国民たちを動員してしまう。

 わたしは九州は福岡、北九州市の生まれである。中国や韓国と戦端が開かれれば、近代戦に前線もヘチマもないかもしれないが、「精神的」にはその前線となろう。

 そこは、ときおりロケットランチャーが発見されたり、暴力団が密集していたりするお土地柄でもあり、男たちの多くは今もなお気が荒い。「おもしれーじゃねぇか」と真っ先に突撃していき、果てるタイプが多いのかもしれない。「矛盾」と「不条理」に今もなお慣れている人々が少なくないとも言える。

 戦いを恐れているわけではない。いざ戦いともなれば、日本の国民は、存分に戦い抜くことだろう。それは隣国の国民たちの多くも同じことだろう。

 隣国の「矛盾」と「不条理」に対するにいったいどうすれば良いのか? 日本は、「矛盾」と「不条理」でもって対抗してはならないと先に書いた。単純な精神論、善悪二元論で対してはならないだろう。

 そして、日本と韓国のスターの裁判に戻る。韓国の「矛盾」に対し、日本の裁判はいったいどのように進めてきたのだろうか。

 エイベックスは、韓国で図らずも生起したSMエンタやC-JeS、JYJの「矛盾」に対して、いったいどういった対応をしてきたのだろうか? 日本とアジアに冠たる芸能事務所であるエイベックスは、「矛盾」と「不条理」の東アジアに、いったいどのように対しているのだろうか?

 次元は違うかもしれないが、「竹島(独島)」と共に、日本側は問われているのだろう。そして、今後とも問われ続けることだろう。

 判決が待ち遠しい。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

小野登志郎

Author:小野登志郎
職業 ノンフィクション・ライター。ハードボイルドに疲れてきた三十路後半男。枯れていくばかりの人生を楽しむことにします。

◆お願い 
 このブログの記事は、転載フリーではありません。
 転載希望の場合は、必ず連絡して許可を得てからにするか、リンク先を明記して下さいね。
 

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
お問い合わせ先
お仕事のご依頼、情報の持ち込み、その他お問い合わせ、基本的に何でも歓迎します。下記メアドまで。onotoshirou@yahoo.co.jp

名前:
メール:
件名:
本文:

メルマガ発行中
RSSフィード
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。