スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「事件」の毎日……。

 今月と先月は、たくさんの記事を雑誌に書いた。仕事が順調なのは良いことなのだが、仕事とプライベートの間くらいのところで「事件」が発生したりして、ただでさえ暑いのに、さらに疲弊することが続いている。

 体質改善のため、最近は朝早く起きることを心がけているのだが、例え自分が早起きしても、午前中は、私の仕事関係者は寝てるか、起きていても、ほとんど頭が働いていないから寝ているのと同じ、だということにようやく気がついた。午前10時に電話したりすると「何事ですか!」と驚かれたりする。つくづく自堕落な業界だと思うが、その分、夜は一般の人よりも長く仕事しているし、土曜も日曜もないのだから、そこまで問題のあることではないのだけれど。

 私の場合、午後5時~8時くらいに電話が殺到する。時に、この時間帯ずっと電話で話してたりすることもあり、この時間帯の自分だけを見ていたら、極めて繁忙極まりないライターに見えることだろう。でも実際のところは、午前から午後にかけて、こうやってブログを書く時間があったりして、締め切りや取材、打ち合わせなどがなければ、お家で一人、寂しく蕎麦を茹でて、すすっていたりする。昼下がり、蕎麦をすする「ズズズッ」という音が、閑静な住宅街をこだまして、パンツにTシャツ一枚の自分の姿が鏡に写ると、我ながら哀切を痛く覚えてしまう。

 気分転換でもしようと、午後のうだるような暑さの中、煙草でも買いに行くと、煙草屋の親父に胡散臭そうにジロリと睨まれる。そこに、地域の自治会やらの車がやってきて、「最近、付近で小学生が見知らぬ男に声を掛けられる事件が多数発生しています」ときた。煙草屋の親父と自治会パトロール車に挟まれた私は、訳もなくビクリとしてしまい、そこに「もし知らない人に声を掛けられたら、大声で助けを呼びましょう」と言われ、私の方が声を上げそうになってしまった。午後の住宅街は、つくづく中年の男に冷たいのである。

 もうこうなったら、地域の消防団やらにでも加入して、パトロール側に回ってやろうかとも考えたが、そんなことやっていると、肝心の仕事の方に体力が残らないことにすぐに気がついたので辞めることにした。結局、昼間は、静かにお家で過ごしている方が無難なのだ。 

 そして、とりあえず筋トレなどして、夜の世界に備えようと思っている。
   
 
 




スポンサーサイト
プロフィール

小野登志郎

Author:小野登志郎
職業 ノンフィクション・ライター。ハードボイルドに疲れてきた三十路後半男。枯れていくばかりの人生を楽しむことにします。

◆お願い 
 このブログの記事は、転載フリーではありません。
 転載希望の場合は、必ず連絡して許可を得てからにするか、リンク先を明記して下さいね。
 

カレンダー
06 | 2010/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
お問い合わせ先
お仕事のご依頼、情報の持ち込み、その他お問い合わせ、基本的に何でも歓迎します。下記メアドまで。onotoshirou@yahoo.co.jp

名前:
メール:
件名:
本文:

メルマガ発行中
RSSフィード
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。