スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オウム高橋克也容疑者の逮捕について。

 今回の高橋容疑者の追跡は刑事部が中心となったと聞くが、オウム事件はもともと公安部案件だった。かつて(そして今も)公安部の不倶戴天の敵である新左翼過激派の元幹部は、この高橋容疑者の逃亡について下記のようにわたしに語っていた。

■某新左翼過激派元幹部談

「逃亡者高橋克也に関しては、経験した者にしか判らないことだが、逃亡にはかなりのエネルギーが必要とされる。わたしもかつて逃亡のミニ体験があり、また殺人容疑で指名手配された仲間の数年に亘る逃亡を“幇助”した経験がある。その経験が今回の高橋の逃亡に当てはまるか否かはよく判らないが、逃亡という日常生活とはかけ離れた体験はしたものにしか判らない“過酷”なものなのだ。

 そこで自分の体験を述べながら高橋克也の逃亡生活について想像してみたい。

 自分の経験から言えば、逃亡を成功させるには何点かの要素が必要だ。

 自分はそれを「金」つまり逃亡資金、「逃亡を補助するネットワーク」、「逃亡生活を支えるモチベーション」、「そしてそれらを駆使しての偽装」の4点に尽きるのではないかと思っている。

 高橋克也のみならず現在日本には逃亡している指名手配犯が何人もいるが、過激派とされるものたちや暴力団には組織もあり、逃亡に当たっては組織の支援が得られるので、単独犯よりは状況はいい。高橋の場合これに当てはまったのかどうかは疑問もあるが、自分は何らかの形で旧オウムの関わりがあるのではないかと思っている。
そして暴力団の場合は知らないが、過激派の逃亡者の場合、彼らはただ単に逃亡しているだけではない。彼らにとっては逃亡ではなく“地下に潜っている”だけのことである。彼らにはそれぞれ“任務” があり、彼らのモチベーションはかなり高く、それが苦しい逃亡生活の支えとなっているのである。

 また高橋を含むオウムの3人や指名手配された過激派のメンバーは何故、こうも長く逃亡生活を続けられるのか不思議に思われる方も多いと思われるが、その背景には日本の警察の能力に対する過信があるのではないだろうか。一般市民が思っているほど日本の警察は優秀ではない。いや、かなり抜けている側面があるのだ。

 先に述べた、殺人容疑で指名手配された仲間は、自分と大学が同じで同期の親しい間柄であった。当時、活動の第一線から退いていた自分をその仲間は、全国指名手配される前日に訪ねてきて、事件についてその詳細を語ってくれた。その夜、彼と自分は遅くまで語り合い、翌日の昼過ぎ帰っていった。その後、喫茶店で遅い朝食をとっていた自分は見ていた新聞の記事に目が釘付けになった。なんとさっきまで一緒にいた仲間ほか数名が殺人容疑で全国指名手配されていたのであった。

 その男は、所属する過激派の幹部であり自分と実に近い関係にあったことは、当然警察も掴んでいたはずである。だが、当日はもちろん、その後も自分に対する事情聴取は一切行われなかったのである。それだけではない。その数日後、自分のところに彼とは別の指名手配者数名を数日間か匿ってくれと依頼があり、近くに住む友人に頼み3名を数日間匿った。この時も警察の動きは一切無かった。自分をマークしておれば一網打尽に出来たのにも拘らず……。

 そして極め付きがあった。先に述べた自分の友人は1年後に接触してきた。彼は同じ大学、同期であることから自分との接触は1年間我慢したのである。

 そして、彼は以後の逃亡生活に対する援助を要請してきた。そして、新たなるアジトを構えるまでの数日間、自分のアパートに潜んでいたのである。そんな時ハプニングが起きた。自分と連れ合いが働きに出た後、なんと警官がアパートに訪ねてきたのだ。その時、彼はこのアパートローラー作戦に参加していた警官にまともに対峙したのである。その時彼は、アパートの借主の従兄弟であると名乗り、しつこく事情聴取を迫るその警官を罵倒さえしたのである。然るに、この間抜け警官はこの人物にほとんど疑いを抱くことは無かったようである。以後自分に対する再聴取も無かった。もちろん、自分は万一を考え、彼を別の友人宅に退避させたのだが……。
つまり、日本の警察官は上から指示された事しかやらないようである。想像力はほとんど無かったように思う。この警官が自分のデータと照らし合わせて事情聴取を行っていたら、すぐさま対応した男が指名手配犯であることに気づいていただろう。彼は自ら褒章のチャンスをふいにしたのであった。

 この一件からも、一部かもしれないが日本の警察官がいかに間が抜けているかが判るであろう。

 長期の逃亡生活には“なりすまし”がなにより重要である、実際オウムの3人も他人の住民票を使うなど他人に“なりすまし”て、これまで十数年に亘る逃亡生活を続けてきた。もし、彼らが何らかの形でオウムの支援を受けていると仮定すると高橋の再度の“なりすまし”は可能であったと思われる。
 その第一の要素は、世間のほとぼりが冷めるまで、潜伏できるアジトの存在が不可欠である。自分の場合でもそうだが、警察権力が旧オウムのメンバー、そして裾野に位置するシンパまでどの位把握しているかが大きな鍵となる。

 また、オウムが武装蜂起を企てていた段階でそれなりの“草”(非公然の協力者)を用意していた可能性も排除できない。“草”と普通の市民を峻別するのは優秀な警察官を持ってしてもかなり困難なことである。ましてや間が抜けたのが少なくない日本の警察では不可能だったろう。

 そこで“なりすまし”である。

 自分の場合は、親の名義で都内某所に小さな一軒家を借りた。名目は、自分がアルバイトで関わっていた設計事務所の下請け事務所兼住居ということにした。そこで30前後の男達が出いりしても奇異には受け取られなかった。不動産屋も下請け実績などを示すと簡単に信じた。そして出入りには製図を入れた筒などを常に携帯する様に注意した。それでも警察のローラーを受けた時のため地下に穴を掘り、彼を隠す部屋を用意した。一軒家の物件を探す際、土の地面にじかに立っている物件かどうかに留意した。このアジトは2年ほど暮らしたがその間、危険な兆候は皆無だった。このアジトは指名手配者の組織での任務が変更されると供に閉鎖されたのだが……。

 つまり、“なりすまし”は協力者がいれば、さほど困難なことではないのである。そして人間の記憶は時がたつに連れ手薄れる。つまり“ほとぼり”は、いつかは冷めるのである。もう捕まってしまったが、もう少し高橋が逃亡することに成功していれば、協力者のアジトに2年ほど潜み、ほとぼりが冷めた頃、新たな人格に“なりすます”し、普通に市民生活を送るのはそれほど困難なこととは思われない。

 問題はこれを可能にするネットワーク、もしくは“草”の存在である。もし“草”が存在したら高橋の発見はかなり難しいこととなっていただろう。しかし、元オウムのメンバーの看護師と一緒に暮らしていたのを警察は見落としていたことを見ても、ある程度の潜伏生活は可能だったかもしれない。

・モチベーシャン、何のために逃亡するのか

 さて長期の逃亡生活にはもう一点不可欠な要素がある。それはモチベーションである。菊池が逮捕時に呟いた「もう逃げずにすむ」と言う言葉は本音であろう。長期の逃亡生活、そして“なりすまし”は精神的にかなりの負担が掛かるのである。

 オウムの場合はどうか知らないが、過激派の場合は少し様相が違う。過激派の場合、逃亡はすなわち“地下に潜る”ことであり、革命家にとっては、いわば「望むところ」でもあるのだ。

“地下潜行者”はじっと隠れているのではない。地下に潜りながらも組織と連絡を保ち、資金などの補給も受け、指令された任務も完遂するのである。それに彼らは何より逮捕を恐れない。逮捕はあくまで活動の結果に過ぎないのである。つまり彼らにとって“逃亡”はそれが目的ではなく手段に過ぎないのだ。

 しかし、一度組織が崩壊したり、足場が無くなると、この構造は即座に壊れる。日本本国にほとんど足場の無かった日本赤軍の丸岡や重信が半ば出頭と言う形で逮捕されたのがその実例である。

 では高橋になおも逃亡を続けるモチベーションがあったのか。それは現段階では何ともいえない。尊師こと麻原の罪状の軽減のための逃亡だとしたら、麻原への帰依の度合いが問題とされるだろう。菊池の場合、どうも麻原への帰依が薄れてきたかの様子が垣間見えるが高橋の場合はどうであろうか。

 もう一つの可能性はかなり妄想だが、武装蜂起を夢見るオウムの残党が未だに存在するケースである。もしかしたら穏健派を装っているアレフに“地下組織”があるのかもしれない。もしそうだとすれば、そして高橋克也がそのメンバーであるとしたら、高橋のモチベーションは維持できたであろうし、この場合彼を捕捉することはかなり困難なことになっていたのかもしれない」(元過激派幹部談)


 早期の逮捕で安心しているのは警察関係者はもちろん、彼らの動向を追いかけましていたマスコミ関係者だったと思う。オウム最後の逃亡者の顛末は、これからさらに明らかになっていくことだろうが、なにかもの哀しい感じもしなくもない。

「逃亡者」などという立場にはなりたくないものである。


スポンサーサイト

暴力革命者たち。

 先ほどある編集者から連絡があった。

「ふと思ったのですが、過激派さんたちは、今、どんなことを考えているでしょうかね?」

 えっ、暴動の扇動とかですか、そんなことはさすがにやらんでしょう。そう答えると。

「でもセクトのなかには暴力革命を標榜しているのがいるわけですから、彼らの頭の中では、今が絶好のチャンス、となっているんじゃないでしょうか?」

 なるほど、と思った。だがその可能性は、本格的な炉心溶融の可能性より格段にゼロに近いだろう。そう言うと彼は言う。

「じゃ、彼らはいったいいつ、暴力革命をやるんでしょうか?」

……だから、彼らには暴力革命をやる力もその意思も無いんじゃないか、と答えた。かつて(今も)「内戦を革命戦争へ」とアジる党派や「今はその時ではない、左翼小児病だ」という党派も、そういえば残存していた。未曾有の震災で、迂闊にも彼らの存在を完全に忘れていた。

 忘れていてもいいんじゃないか、とも思う。おそらく公安警察、公安調査庁は注意深く監視していることだろう。それもまた徒労に終わるだろうが、彼らももう「暴力革命」などと金輪際主張しないことだ。

 そういえば、かなり迷惑な存在がいたことを、思いだしてしまった……。

 そしてまた、遠く中東で起こる「革命」をきちんと思いだすことができた。



 


 

 




 

日本共産党員が増加してるらしい……。

 日本共産党員が微増中だという記事があった。

 
「共産党、新規党員増加 「蟹工船」「資本論」ブームで? (1/3ページ)

 共産党の新規党員が急増している。同党広報によると、党員数は平成2年の50万人をピークに減少が始まり、ここ10年は40万人前後で推移していたが、昨年9月の第5回総会時から現在までに約9000人が入党したという。志位和夫委員長は幹部会報告で「『蟹工船』が若者を中心にブームとなり、マルクスに新しい関心が高まっている。テレビ局が『資本主義は限界か』という企画を立て、その答えを共産党に求めてきた。党が体験したことのない新しい状況だ」と語り、年内に2万人超の新規党員を獲得する目標を掲げた。

 http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/080803/stt0808032127002-n1.htm 」


 日本共産党だけでなく、新左翼諸党派、左派系労組も微増中だという話を聞いている。その場合、軒並み「組織加入」のハードルを下げてのことだという。だから、ちょっとのことで増えたり減ったりするものであるとは思う。

 とはいえ、これらの現象は、ちょっとのことでは今の構造的な格差問題は解消しないだろうから、左派から見た場合のこの「格差バブル」は、まだまだ進行することだろう。

 しかし、この程度のことで「社会主義」だの「革命」だのに向かうわけもなく、そんな風に危機感を煽る一部保守メディアは、面白いけどスルーしてもいいと思う。『蟹工船』や『資本論』を読んだくらいで、「革命戦士」になるほど、今の若い人の諦観、絶望は浅くないし甘くない。保守オジサン、オバサンたちは、「左翼の亡霊」に対してあわてずさわがずしていればよい(あわてたいし、さわぎたいんだろうけど)。

 ちょっと話が飛ぶが、暴走族をとっくの昔に引退したはずの人々が、「旧車会」などを作って走り回っており、いまや若い暴走族たちよりもそっちの方が主流になっているらしいけど、これらの動きと左派の微増とは、構造的にそんなに変わりはないと思う。それは宗教団体も同じことで、社会不安は、何も左派だけに「バブル効果」を与えない。こういった「部分社会」「中間的共同体」の増加と勃興は、必然的なことだと私は思う。

「資本の反革命」によって引き起こされた「国民国家の融解」は、今後も、左翼党派や宗教団体、大小さまざまなサークルを増やし、作り出していくだろう。就職活動における企業選びのような気分で、どの団体が相対的に良いのか悩むことがフツウ、みたいな状況になるかもしれない……。


 

テーマ : 日本共産党
ジャンル : 政治・経済

G8首脳の洞爺湖サミットと各国チンピラたちのサミット

 今しがた、北海道は洞爺湖から帰ってきた。異常で過剰といえる警備のおかげで、洞爺湖の美しい景色を楽しむことがなかなかできなかった。何しろ、3日間で検問に引っかかった回数は30回近くあり、警官がいない場所は皆無ときた。洞爺湖の住民にとっても、その他道産子たちにとっても、今回のサミットの評判は、あまり芳しくない。テロなどは起こさせなかったとしても、果たして「見せる警備」は成功したのかどうか……。

 各国首脳のサミットで何が決まるのかは今のところ未知数だが、各国チンピラ連によるサミット反対のムーブメントにおいては、様々なことが行われ、問題が山積し、混乱に陥り、試行錯誤の果てに多くのことが決まり、最終的には飛躍的に前進したようだ。個人的には、それはとても感動的な光景ではあった。詳細は、来月号の『実話ナックルズ』にて報告したい。

 しかし、とても疲れた。全然寝ていない。ススキノで遊びたかったが、そんな余裕はなかった。それは残念だったが、誰が喜んでいるのか皆目分からない、ただ過剰というほかない官とマスコミによる「お祭り」のくだらなさを、たっぷりと目にすることができたことは良かった。サミットって本当に必要なのかね?

 それはともかく、各国の美人アナや記者にナンパしまくっていた某週刊誌記者Kさん、ちゃんと仕事しなさい。私も彼と昼間からビールを飲みまくったが、とにかく現場は、やることなくて弛緩してました。それは全国から動員された警察官も同じだろうけど。

 そんな倦怠感漂う中、日本では見たこともない陽気なデモを見せてくれた、各国のチンピラたちに感謝したい。いやはや、お祭りっていうのはそういうことなんだよねと思わせてくれました、彼らは。とんでもなくキッズだったけど……。  

『貧乏人の逆襲』

 最近出た「実用書」(!?)の紹介です。

 松本哉著『貧乏人の逆襲!―タダで生きる方法 』(筑摩書房) (アマゾンの貼り付け方分かりません)

 松本君は、学生時代からの知り合いなんだけど(というか、いろいろあったなぁ)、この人、ホントに可笑しい人だった。左翼とかイデオロギーとかそんなの無縁で、でもとっても反体制なことを面白おかしくポンポンやってしまう人ですね。当時から松本君のセンスには敵わないなぁと思っていたけど、大学を出た後も、選挙出たり(当選する気なし)、店バンバン出したり(儲けるつもりなし)、本もこれからどんどん出すそうで(売れたら問題!?)、おそらくこういう人をホントの運動家であり都会人というべきなんだろうなと思っていた。一緒に早稲田7・31で花火打ち込んだこと、思い出しました。

 欧米先進諸国のように、今後の日本も、人口の一割が松本君たちのような「オルタナティブ」層になるのかどうか分からないけど、着実に、一歩一歩彼らの運動が広がってきていることは間違いない。この十数年、彼らを傍から見ている私にとっては「すっげぇ~」、のひと言です。

 後期近代における資本主義社会が、そこに住む多くの人間にとって厳しさをいや増しに増すのであれば、社会全体が変わらないまでも、局所的には何らかの手は打っていかないといけない。そんなこんなを、難しく考えこじれてしまい、内ゲバやったりして周りに迷惑をかけてしまうのではなく、自分(たち)勝手に楽しんじゃう方法をさらりと編み出す松本君は、やっぱり変人なんですねぇ。

 私自身は、もうちょっと違う位相でマーケットや権力とダンスを踊りたいので(遊んでいるのではありません)、完全に彼らと同じ場所に立てないんだけれど、できることはこっそり応援したいと思っている。

 読んでみると、分かります。とにかく笑えることやってます、彼は。どうやったらたった3人だけのデモ(がただ歩くだけ。公安などの警察数十人から「何か訴えろよ!」と言われても無視)なんか思いつくのよ、と思ってしまう。

 それに、ただ面白いことやってるだけに見えるかもしれないけど、松本君はとっても倫理的な人だと思いますよ。それがないと、こっち方面のこんなセンスは生まれないし、あっちの実践活動は育たない(なに言ってるんだか)。

 ともかく、良書です。いろいろ疲れてしまったら、読んでみることお薦めします。「そうは行かないんだよ!」と思ってしまうこと必至ですから。「でも、うまくいってるよ」と松本君は嫌味なく頭掻きながら答えることでしょう。必読です。







プロフィール

小野登志郎

Author:小野登志郎
職業 ノンフィクション・ライター。ハードボイルドに疲れてきた三十路後半男。枯れていくばかりの人生を楽しむことにします。

◆お願い 
 このブログの記事は、転載フリーではありません。
 転載希望の場合は、必ず連絡して許可を得てからにするか、リンク先を明記して下さいね。
 

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
お問い合わせ先
お仕事のご依頼、情報の持ち込み、その他お問い合わせ、基本的に何でも歓迎します。下記メアドまで。onotoshirou@yahoo.co.jp

名前:
メール:
件名:
本文:

メルマガ発行中
RSSフィード
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。